ある晴れた夏の日の午後、甲子園を沸かせた松坂大輔の引退試合は歴代登場曲の豪華リレーに沸く

スポンサーリンク
松坂大輔引退試合 Part of Shogo's Lyrics

先日、某歌うたいがインスタグラムを更新していた。
その投稿には、こう書かれている。

マスクは外せず声も出せない制限は続いておりますが、安心してください!ライブは変わらず最高ですよ!
耳で目で全身で生の音を味わいにいらっしゃいませんか?

皆様に安心してお楽しみいただけるよう、感染対策は万全に行います。
会場でお待ちしております!

会場は、地方のホール。1500人程度で、キャパが大きいわけではない。

公演日まで1週間を切っているというのに、チケットが完売していないなんて。コロナの影響は、とてつもなく大きいんだなと感じた。

わたしの場合。
コンサート、スポーツ観戦、カフェやレストランでの飲食。
これらは、どうしてもという場合を除いては、年内は封印することを決めている。

2022年のお正月は、家族と久しぶりに再会する予定だ。その場での飲食はなし。マスクをしたまま短時間、しばし歓談してお別れする予定になっている。

状況は、今年のお正月とは異なり、ようやく会おうという気持ちに双方なれた。

1回会って問題なければ、しばらくして、もうちょっと長い時間会おう。その次は、ドリンク飲もうか。みたいに、手順を踏んでいければと思う。男女の交際のように。

きっと、コンサートも同じことなのだろう。
最初は、おそるおそる。最初の一歩を踏み出すまでが大変だ。一歩踏み出せたたなら、徐々に参加するようになるかも知れない。

でも、感染する可能性はゼロではない。常に、背中合わせ。

少しでも気を抜いたら、感染してしまいかねない。感染してしまったら、周りの人に迷惑がかかってしまう。。。それを考えると、簡単ではないなというのが本音かも。

残暑の厳しさがあっという間に消え、初冬の寒さになった。明日は、ヒートテックのタイツでも履こうかと考えるほどだ。今年の秋は、どこに行ったのだろうか。

ある晴れた夏の日の午後、甲子園を沸かせた松坂大輔は今季限りで現役引退。

今日、松坂大輔登場の際に流れたのは、2007年メジャーリーグ優勝決定シリーズ第7戦で使用した登場曲「real world」。

西武の2番手ピッチャー十亀は、松坂大輔が中日時代に使用していた「RED SOUL BLUE DRAGON」で登場。

3番手としてマウンドに上がった高橋光成は、松坂大輔が昨年使用したONE OK ROCKの「キミシダイ列車」で登場した。

松坂大輔の歴代登場曲の豪華リレーにファンも感動。松坂大輔の魂は、確実に受け継がれていく。

松坂大輔投手予告先発 引退試合前日のメットライフドームLビション 2021年10月18日撮影

コメント

タイトルとURLをコピーしました