ライブ配信 スマホで見るかテレビで見るか

スポンサーリンク
うたろぐ Part of Shogo's Lyrics

2002年7月31日 水曜日 22時より浜田省吾のインターネット限定ライブ「SHOGO HAMADA Internet Special Live ON THE ROAD 2001.COM」が配信された。

料金は1500円。
先着2001名限定。
信帯域は520kbps。
Windows Media Playerによる視聴。
という内容で。

一部の模様は、DVD「SHOGO HAMADA VISUAL COLLECTION Flash & Shadow」のDISC 2 EXTRAに収録されている。

時代は、2002年。
Windows 95から98へ。そして、Windows 2000に。
携帯は、平成13年(2001年)にiアプリ対応の「503i」シリーズが発売され、10月には、第3世代移動通信システム(3G)のFOMAサービスが開始された。

当時、スマホで動画を見るなんてことは想像もできず、視聴はパソコン。インターネット回線の速度も、それほど速いと言えるようなものではなかった気がする。

それが、だ。
時代は、2021年。
ライブ配信は、スマホで見ることも出来るようになっていた。

コロナ渦。
わたしは、ゴールデンウィークに、某歌うたいのライブ配信を見るつもりだった。
それが、暗礁に乗り上げている。

そのアーティストの視聴チケットは、以下の配信サイトで購入可能と案内されている。

・どこが
・いくらで
・どんな視聴方法があるのか
それを調べてみた。

▽ローチケ LIVE STREAMING▽
https://l-tike.com/kazuyoshisaito

▽イープラス Streaming+▽
https://eplus.jp/202020/

▽PIA LIVE STREAM▽
https://w.pia.jp/t/kazuyoshi-saito-pls/

システム視聴料は、
ローチケ352円(税込)
その他220円(税込)
※いずれも前売

この価格差は、ローチケだけがChromecastやAmazon Fire TVでテレビで視聴できるからなのではないかと。

幸いにも、我が家にはAmazon Fire stickがあるので、これで見れると思っていたのだが、。先週末、視聴テストをする際、しょっぱなで壁にぶつかった。

Amazon Fire stickでライブ配信を視聴する際、「Firefox」というアプリを使う。
Firefoxを起動したところ、
2021 年 4 月 30 日以降、Amazon Fire 用 Firefox のサポートが終了します。
こんなメッセージが表示されたのだ。

セキュリティアップデートの提供がなくなり、Firefoxが使用できるのかも不明。。。
これには参った。
いきなり。である。

メールでサポートに問い合わせをしたところ、
Amazon Fire TVのFirefoxのサポート終了については、弊社にても現在調査中でございます。
今後の対応方法が決定するまで、案内できる内容に限りがありますこと予めご了承ください。

ということだった。

即答できない。ということに問題の大きさが伺えたので、Amazon Fire stickでの視聴を早々に諦め、テレビで視聴する方法を考えた。

方法は2つ。
1つは、スマホとテレビを接続する。
もう1つは、パソコンとテレビを接続する。
どちらも、HDMIケーブルを使っての接続。

どちらが どうなのか。
まったく知らない中、調べてわかったこと。

1.スマホとテレビを接続する場合、スマホ本体にHDMI端子がない機種は、MHL変換アダプタを用いる
→ MHL変換アダプタとHDMIケーブルが必要
2.MHL変換アダプタの規格はいくつか種類があり、MHL1.0・2.0・3.0と、数字が大きくなるほど高画質で滑らかな映像出力に対応
3.スマホにより対応している規格が異なる
4.充電を行いながらMHL変換アダプタを使用することが出来ない

スマホとテレビを接続する場合、もろもろの懸念事項があることがわかった。中でも、充電を行いながらMHL変換アダプタを使用することが出来ないのはネックだ。

もし、1回限りの配信の場合、スマホのバッテリーが切れたらアウト。
スマホのスペックで、ギリ満たしていても、冒険は出来ない。。。

となると、一択。
パソコンとテレビを接続するしかない。
結局は、こうなるのねと。

パソコンとテレビを接続する場合も、HDMIケーブルが必要になる。
だが、最近のパソコンにはHDMI出力端子があることが多いので、HDMIケーブルを準備するだけだから簡単。バッテリーも問題なし。

あとは。どのライブ配信サイトを使うかを決めるだけだ。

ローチケ LIVE STREAMING
運営会社:ZAIKO株式会社
モバイルアプリ配信:なし
PCへの配信(高画質 / 高音質):あり
解像度:1920×1080

イープラス Streaming+
運営会社:株式会社イープラス
モバイルアプリ配信:なし(Chrome、Safari等のブラウザ視聴)
PCへの配信(高画質 / 高音質):あり(映像6Mbps / 音声256Kbps)
解像度:フルHD(1920×1080)

PIA LIVE STREAM
運営会社:ぴあ株式会社
モバイルアプリ配信:なし
PCへの配信(高画質 / 高音質):なし
解像度:ストリームのマルチビットレート配信
4000kbps(映像:3808kbps・音声:192kbps) / 解像度:1920×1080
2000kbps(映像:1808kbps・音声:192kbps) / 解像度:1280×720
1000kbps(映像:808kbps・音声:192kbps) / 解像度:960×540

はっきり言って、よくわからん。。。
チケットだったら、どこが良い座席を確保しているのか想像もきるんだけれど。

ということで、クチコミを調べてみる。
ライブ配信サービスはどこが評判が良い?6社分の過去ライブの口コミをまとめてみた

ほかのサイトもいくつか見たけれど、一長一短。
良かったと言う人いれば 悪かったという人あり。
自己判断で選ぶしかなく、あとは運かと。

コロナ渦。
この先、浜田省吾さんもライブ配信を行う可能性もあり、その日のために経験しておく。ということは、大切なことなのかもと思うけれど。

古い人間なので、出来ればWOWOWやスカパーで配信してくれるのが1番うれしいし、理想的。
画像は奇麗だし、大画面で、高音質で、録画して、何度でも、好きなだけ、思う存分楽しめるので。

それよりももっとうれしいのは、映像作品として販売してくれること。
これに尽きる。

2021年のゴールデンウィークは、久々に びしょ濡れの万太郎君を見ようかな。
そう思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました