ON THE ROAD ’86で演奏された「SWEET & SOUR MEDLEY」のプレイリスト作ってみた

スポンサーリンク

サブスク。
ストリーミング。

平成生まれには。いや、昭和生まれにも欠かせないサービスだ。
聴きたい曲があれば、ほとんど瞬時に聴くことができる魔法のようなサービス。サイトで配信されていれば)アーティスト名や曲名がわからない場合は、難しいけれど。

まだ若かった頃、レコードをレンタルしたりCDをレンタルした。
やがて、itunesでダウンロードするようになって、現代はストリーミング。

サイトにもよっては、制限ありだが無料で利用可能。これが、とても便利。
宝の山である。

例えば、Spotify.https://open.spotify.com/
パソコンやタブレットであれば、聴きたい曲を聴くことが可能。(スマホはシャッフル再生のみ)

浜田省吾さんの すでに廃番となったアナログの曲も聴けてしまう。
曲を聴かなくとも、ジャケット写真を見ることが出来る。
これは、本当に貴重だし、うれしい。

あなたの知らない省吾さんはいましたか?
気になったら、せひ楽曲も聴いてみてください。

Spotifyは素晴らしいのだけど、スマホで聴きたい曲が簡単に聴けない。というのがネック(無料の場合)。
わたしの場合、スマホで聴く時にはAmazon music。シャッフルで聞き流し。

聴くのは、もっぱら洋楽。わが青春の80’s。
マイケルジャクソン。マドンナ。ワム。カルチャークラブ。デュランデュラン。シンディーローパー。聴き飽きるということがない。

浜田省吾さんのコンサート ON THE ROAD ’86では、アンコールにSWEET & SOUR MEDLEYが歌われている。

スポンサーリンク

SWEET & SOUR MEDLEY 曲目

(1)恋はあせらず(フィル・コリンズ)
(2)A THOUSAND NIGHTS(浜田省吾)
(3)アンチェンド・メロディー(ライチャス・ブラザース)
(4)Hold On I’m Comin’(Sam & Dave)
(5)土曜の夜と日曜の朝(浜田省吾)

SWEET & SOUR MEDLEY プレイリスト

SWEET & SOUR MEDLEYのプレイリストを作ってみましたので、興味がある方は聴いてみてください。

こんなことが無料で出来てしまう時代。
この時代に生きていてよかったなと。

平成生まれは、昭和ポップスをサブスクで聴くのだろうか。
同じような感覚で洋楽80’sを聴いているのかも知れない。

BODY&SOUL.
身も心も。
ではない。

SWEET&SOUR.
甘酸っぱい。
のだ。

聴いていいるうちに、わかるかも知れないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました