今も君がこの世界に生きていることにThank you

スポンサーリンク

某人気男性デュオの不倫相手が自殺未遂。
そんなニュースをネットで見かけた。

不倫する。しないは、その人次第。
だけど、お詫びしちゃったというのは。。。

浜田省吾さんの楽曲には、不倫を匂わせるものが いくつかある。
あからさま。ではない。

ご想像にお任せします的な。
読み手に委ねる。

実体験を基に作られた曲なのか、そうでないのか。
それは、誰にもわからない。
本人だけが知っている。

そこは、あえて言う必要はないと思うし、逆に、実体験を基にして作った曲ですと言われても。。。

例えば、「Thank you」は、こんな歌詞で始まる。

スノッブな君が まさかあんな安モーテルで手首切って
真夜中に救急病棟 運び込まれるなんて
悪い冗談 聞かされてるみたいだったぜ でもとにかく…
今も君がこの世界に生きていることにThank you
本当だぜ
Thank you / 浜田省吾

まさに、自殺未遂。である。
自殺未遂をした経緯については、一切書かれていない。

不倫かも知れないし、人生に絶望したかも知れない。
リストカットしたが、生きている。

彼女が生きていることに感謝している彼。
彼は、彼女が好きだった。
でも、その気持ちを伝えられずにいた。
そんなイメージ。

ヘビーなフレーズで始まるものの、そのまま引きずることなく。
なんか、ほのぼの 心温まるストーリーに感じてしまう。

なかでも、
でも、そりゃ無理だぜ
何故オレなんだよ?まぁ嬉しかったけどさ

というセリフで盛り上がってしまう。

この「Thank you」は、浜田省吾さんの実体験が基に作られたのか。
それは、わからない。

けど、幼馴染みの男女。
男と女を意識することなく、遊んでいた相手。
そんな関係ならば、こんなこともあるかも。
と思ってしまう。

現実離れしたストーリーだと思わせないところがスゴイ。
デスク越しの恋ではないよな?
なくはないような。。。

SHOGO HAMADA『デスク越しの恋』 cover

コメント

タイトルとURLをコピーしました