2022年に浜田省吾率いるスーパーグランドファーザーバンド誕生?

スポンサーリンク

8月27日、10月から予定していた浜田省吾公式ファンクラブ会員限定イベントFan Club Concert Tour 2021 Welcome Back to The Rock Show “EVE”』開催中止の発表があり、バンドメンバーの1人である福田裕彦さんが、こんなことをツイートしていた。

・浜田省吾 70歳
・アーバンドのメンバー5人が完全な「高齢者」
・70代のギタリストを擁するスーパーグランドファーザーバンド誕生
ということだ。

スーパーグランドファーザーバンドとは呼ばれてはいないが、思いだすのはローリング・ストーンズ。
・ミック・ジャガー(ボーカル、ハーモニカ)
・キース・リチャーズ(ギター)
・チャーリー・ワッツ(ドラム)
・ロン・ウッド(ギター)

1962年の結成から一度も解散することなく、デビューから59年経った現在でも活動を続けている。1989年にはロックの殿堂入りを果たし、結成後半世紀以上が経過しても衰え知らずのモンスターバンド。先日、チャーリー・ワッツが天国へ旅立った。

こんな素晴らしいお手本が存在するものだから、70くらいじゃハナタレだろ?って思えてしまう。省吾ファンなら知っていることではあるけれど、今日はバンドメンバーの現在の年齢を確認してみる。

浜田省吾
誕生日:1952年12月29日(68歳)

町支寛二(ギター、バッキングボーカル)
誕生日:1952年5月5日(69歳)

長田進(ギター)
誕生日:1958年4月4日(63歳)

町支寛二(ギター、バッキングボーカル)
誕生日:1952年5月5日(69歳)

美久月千晴(ベース)
誕生日:1957年9月16日(63歳)

小田原豊(ドラム)
誕生日:1963年2月6日(58歳)

河内肇(ピアノ)
誕生日:1974年11月2日(46歳)

福田裕彦
誕生日:1957年5月3日(64歳)

古村敏比古(サックス)
誕生日:1957年6月23日(64歳)

佐々木史郎(トランペット)
清岡太郎(トロンボーン)
中嶋ユキノ(バッキングボーカル)
竹内宏美(バッキングボーカル)

改めて年齢を見ると、古村さんと福田さんが同じ年齢というのが意外。

けっこうな年ではないかと思っていたギタリスト今剛さんは1958年2月23日 63歳。わたしが知る日本のギタリストでは70代の人は皆無で、町支さんが最年長だ。これは、すごいことだ。

来年からはShogo Hamada & The J.S. Inspirations 改め Shogo Hamada & スーパーグランドファーザーバンド としてはどうだろうか。なんてことを思う。

I am a father ならぬ I am a super grandfatherだぜ。

来年、2022年は、どんな年になるだろう。今から考えても仕方ないけれど、思いを馳せてみる。

I am a father (ON THE ROAD 2005-2007 My First Love)

コメント

タイトルとURLをコピーしました