ドラマ『愛という名のもとに』放送から30年

スポンサーリンク
ドラマ『愛という名のもとに』放送から30年 浜田省吾

『SHOGO HAMADA / 40th Anniversary ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館』1日目は、雪の降る1月6日に行われた。コンサートでは、浜田省吾の代表曲『悲しみは雪のように』が演奏され、翌日1月7日にはMCで話されたという。

そんなエピソードから、ドラマ『愛という名のもとに』が放送されてから30年だということに気がついた。

スポンサーリンク

ドラマ『愛という名のもとに』

ドラマ『愛という名のもとに』は、1992年(平成4年)1月9日より3月26日までフジテレビ系列で毎週木曜日に放送されてた。

鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介というスター3人が競演。現在、NHKの朝ドラ『カムカムエヴリバディ』でサッチモちゃんこと「るい」を演じている深津絵里も出演。

江口洋介が演じる神野時男の経営するダイヤルQ2会社のアルバイトをしていた高井桐子を演じた。

深津絵里は、当時19歳。高井桐子は、どこか影のある、訳ありの女の子。そんな印象しか残っていない。

深津絵里が演じた高井桐子は、江口洋介演じる神野時男によって「日向の道」に連れ出してもらったのかも知れないと思ったりする。

30周年

ドラマ『愛という名のもとに』放送30周年。

浜田省吾の曲名は、ドラマのタイトル『愛という名のもとに』のほか、
・第1話 青春の絆
・第4話 涙あふれて
・第8話 君が人生の時
・第9話 いつわりの日々
が、サブタイトルとして使用された。

また、ドラマでは「ラストショー」、「J.BOY」、「もうひとつの土曜日」など、浜田省吾のの曲が多く流れた。今思うと、浜田省吾ファンには たまらないドラマだったに違いない。

オープニングで流れる主題歌『悲しみは雪のように』は1992年を代表する曲となり、ハマショーブームに火をつけた。

ラストショー

今から30年前の放送ということで記憶は曖昧だが、初回の冒頭シーンのボート部の解散式で『ラストショー』を大合唱していたような気がする。

ドラマ『愛という名のもとに』で流れた浜田省吾の『ラストショー』には、こんなフレーズがある。

星は君のもので 月は俺のものだった
ラストショー / 浜田省吾

浜田省吾と星は、深い関係がある。
『星の指輪』『BLOOD LINE (フェンスの向こうの星条旗)』という楽曲。そして、忘れてはならないのは星勝である。星勝は、浜田省吾の作品の編曲・プロデュースを長い間手掛けている。

ラストショー (ON THE ROAD 2015-2016 “Journey of a Songwriter”)

さいごに

雪の降り積もる1月6日に行われた『SHOGO HAMADA / 40th Anniversary ON THE ROAD 2022 LIVE at 武道館』では、『愛という名のもとに』『悲しみは雪のように』『いつわりの日々』が演奏された。

ドラマ『愛という名のもとに』が放送されてから30年という節目で、なんとも不思議な縁を感じたのは、わたしだけだろうか。

また、ドラマ『愛という名のもとに』の主題歌『悲しみは雪のように』が大ヒット。

ドラマ『愛という名のもとに』出演していた深津絵里が、現在の朝ドラで主演を務めているのは偶然だろうか。

神様だけが知っていた必然のことだったのかも知れない。

悲しみは雪のように (ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”)

コメント

タイトルとURLをコピーしました