浜田省吾 つべ でわかったこと

スポンサーリンク

今朝、普段見ることのない掲示板に、こんな書き込みがあることを知った。

Pのつべに毎回upしてゴリ押しすんの?

勘がいい方は、ビビビと来たかも知れない(古い)。某ちゃんねるの板。現在も、熱心に書き込みをしている人がいて、まだ人気があるのかも知れない。

この書き込みの文章を解読するのに、どれくらい時間がかかるだろう。前後の文章を掲載していないので、わかりにくいとは思うけれど。

わたしは、なんとなくはわかった。P」はプロデューサーのことで、「つべ」は、YouTubeのことかなと推測。先日公開された動画についてのことかもと。たしかに、動画の公開方法は抱き合わせ的な印象を持った。

浜田省吾の動画と、浜田省吾がプロデュースするアーティストの動画を一緒に公開。浜田省吾公式ファンクラブのニュースでも一緒に掲載されている。

そして、浜田省吾 Official YouTube Channel には、浜田省吾プロデュース作品として掲載されている。浜田省吾がプロデュースした作品ということで、気になる方も多いだろう。

動画の監督は、板谷さん。曲を聴いてみると、うっすらと浜田省吾を感じることが出来て幸せ。という方もいたに違いない。

プロデューサー 浜田省吾として考えてみる。音楽プロデューサーは、アーティストをどう売り出すかというコンセプトを決めることから始まる。自身のコーラス参加や動画の監督に板谷さんを起用。また、自分のサイトでプロモーションも、その仕事の一環と言える。

いくらプロデューサーが凄腕だったとしても、最終的にはアーティストがすべて。アーティストに魅力があるか。それが、一番重要なのは間違いない。

アーティストが作詞作曲をして、歌を歌い、演奏して、動画に出演する。そのポテンシャルを最大限に引き出すことができるか。それは、プロデューサーの腕にかかっているのかも知れないけれど。

今日の発見。「浜田省吾 つべ」で検索すると、浜田省吾のYouTubeの動画がヒットすること。ただし、浜田省吾 Official YouTube Channel以外の動画も表示されているので注意が必要だ。とても見やすく表示されるのには、びっくりした。

興味がある方は、お試しください。おすすめです。

浜田省吾 Official YouTube Channel
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

コメント

タイトルとURLをコピーしました