ROAD OUT 浜田省吾 ファンとのスイーツトーク 京都・北山には省吾ファンのパティシエが

スポンサーリンク
l-cielbleu 浜田省吾

昨夜見たツイートのせいなのか。頭の中は、シュークリームになっていた。

突如出現したスイーツの話。

はあ……ツマガリのシュークリーム食べたい
そう宣ふのである。

知る人ぞ知るお店と言っていいだろう。
関西。大阪や神戸方面の方は知っているかも知れないお店、ケーキハウス・ツマガリ。

お店は、
1. 甲陽園本店
2. 大丸梅田店
3. 大丸神戸店
の3店舗のみ。
あとは、オンラインショップを運営。

ケーキハウス・ツマガリは、どこが素晴らしいのか。どうして好きなのか。

それを言葉にすることは難しい。知りたい方は、食べてつかぁさい。

ケーキハウス・ツマガリ を知ったのは、香典返しのシュトーレンだった。

パートナーの母上のお母さまが亡くなって、偲ぶ会に参加したのはいつだっただろうか。

かれこれ10年近く経っているかも知れない。初めてお会いする方々と話をして、帰り際にいただいたシュトーレン。

それが、ハンパなかった。

惜しげもなく、ごろごろと入っているフルーツやナッツ。日ごとに増していくバターやラム酒の風味。人生で初めて食べたシュトーレンのインパクトは、あまりにも大きかった。

フローエ・ヴァイナハテン シュトーレン | ケーキハウス・ツマガリ
クリスマスを待ちながら少しずつ楽しむ、ド...

それからというもの、毎年のように有名店のシュトーレンをいくつも買っては食べ比べた。

どれもこれも、ケーキハウス・ツマガリ のシュトーレン以上のものはなかった。あえて挙げるとすれば、フロインドリーブのシュトレンはコスパがよかった。

ケーキハウス・ツマガリ のシュトーレンは、商品の金額もさることながら、送料も高くて、簡単に買うことは出来ず。フロインドリーブのシュトレンを毎年食べている。

話がROAD OUTしてしまったけれど、ツマガリ は あのツマガリ なのかを尋ねると、阪急甲陽園のツマガリだと。間違いなかった。

冒頭の繰り返しになるけれど、
はあ……ツマガリのシュークリーム食べたいということは、食べたことがあるのだろう。わたしには、うらやましくって仕方なかった。

わたしと言えば、オンラインショップでしか商品を購入することしか出来ないのだから。生ケーキなんて、一生食べることなく終わってしまう可能性が高い。

スポンサーリンク

シュークリーム

そのツマガリのシュークリーム。
シュー生地がゴリっ!としてると。たぶん、クッキー生地のようになっているのだろう。このタイプには、目がないわたしなのである。

そして、卵をたっぷり使った濃厚なカスタードクリームが ギッシリと入っているに違いない。

カレーは飲み物。カレーは清涼飲料水
そう書いてあるツイートはスルー出来たけれど、ツマガリのシュークリームのツイートはスルー出来なかった。

午前中に買い物に出掛けて、帰宅する途中でシュークリームを買ってしまった。。。

パティスリー シュシュクリエ のシュー。

サクサクした香ばしいシュー生地。
ずっしり思い、食べ応えのあるカスタードクリーム。
ちょっと意外に思うかも知れないけれど、生地にかかっている黒ゴマがいいアクセントに。

パティスリー シュシュクリエ|商品紹介|ケーキ
東京都にある三軒茶屋店、神奈川県にある武蔵小杉店の2店舗を構えるケーキ屋「パティスリー シュシュクリエ」です。華やかで可愛くも、上品な味わいを感じられる様々なケーキをご用意しております。パティスリー シュシュクリエの誕生日ケーキで素敵な一日を。

手頃な値段、徒歩圏内で買うことが出来る利便さ。わたしにとっては、替えの利かないお店の1つ。

夕食は、豚しゃぶに決めた。

夕食後に、熱いコーヒーとシュークリームをいただく。

地味だけれど、わたしにとっては、とっておきの時間。

浜田省吾 ファンのパティシエ

ご当地ネタだと、京都 北山には、浜田省吾 ファンのパティシエがいるらしい。

浜田省吾 ファンのブログには、店内の写真があって、ポスター貼ってある。

省吾ファンのパティシエさん♪ : 続・マグノリアの香り
関西ローカルで「ちちんぷいぷい」って番組があるのね。お昼1時55分から夕方6時前まで放送してる超ワイド番組。そこで色んなコーナーがあるんだけど毎週火曜日関西のスィーツのお店を紹介するコーナー「とっておきスイーツ」があってね。今日は三戸なつめちゃんがレポートし

パティスリー ラ ポルト ドゥ シエル ブルー であるという情報が。

京都北山のケーキ&スイーツの店 ラ ポルト ドゥ シエル ブルー
京都市北区(北山駅5分)のケーキとスイーツの店 パティスリー ラ ポルト ドゥ シエル ブルー | パリの街角にあるようなかわいいケーキ屋で、パティシエ井上貴博がおいしいスイーツを心をこめて作っています。

『ラ ポルト ドゥ シエル ブルー』は、フランス語で『青空の扉』を意味します

とか、イカしてるぜ、このお店。最高!!

今度、いつか、京都に行ったら訪ねてみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました