世良公則がカバーした浜田省吾「もうひとつの土曜日」

スポンサーリンク
世良公則がカバーした浜田省吾「もうひとつの土曜日」 浜田省吾

先日、世良公則のニュースを目にした。
連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』での歌唱シーンで大きな反響があったとか。

世良公則、朝ドラ熱唱でトレンド1位「なるほどこのための!」 » Lmaga.jp
3人のヒロインが、昭和から令和までそれぞれの時代を生きる姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NH

リアタイで見ておらず、録画もしておらず、そのシーンを残念ながら見ることが出来なかった。

世良公則と言えば、「あんたのバラード」「宿無し」「銃爪」。若い世代が知っているとは思えないけれど、最近の昭和ポップスブームで知られるようになったのだろうか。

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は、どんな世代に受けているのか。それは、まったくわからない。が、大きな反響ということを考えると、若い世代がTwitterなどで投稿していただろうと想像できる。

世良公則の歌唱が若い世代に大きな反響があったこと。それは、意外だとは思わない。むしろ、当然かも知れない。

若い世代は、いいものはいい。古臭いとも言わず、まず聞いてから判断する。それは、すばらしいことだ。頭から決めつけることがない。その姿勢は見習うところがある。

スポンサーリンク

浜田省吾と世良公則

浜田省吾と世良公則。
この二人に接点はないように思うが、まだ若かった頃の浜田省吾は世良公則を意識していた。

後輩の原田真二や世良公則&ツイストらがブレイクする中、「あー、俺の時代はやっぱ来ないまま終わるのかなあ」と感じる
浜田省吾 – Wikipedia

世良公則は、1955年12月14日生まれ。広島県福山市出身。
浜田省吾と同じ広島県出身。そして、浜田省吾と同じ12月生まれ。こんな接点がある。

世良公則が浜田省吾をカバー

世良公則は、2012年10月3日に発売されたアルバム「BACKBONE」で浜田省吾の「もうひとつの土曜日」をカバー。

BACKBONE

収録曲
01.チェリー
02.スローバラード
03.小さな恋のうた
04.ラブレター
05.四月の風
06.I LOVE YOU
07.バラ色の日々
08.ずっと好きだった
09.さすらい
10.傘がない
11.もうひとつの土曜日
12.銃爪 (WE ARE GUILD9 Ver.)

アルバム「BACKBONE」に収録されている曲目を見ると、「この曲を世良公則が?」という驚きを隠せない。それ以上に、「世良公則が歌ったらどうなるの?」という興味を持った。

もうひとつの土曜日

世良公則が選んだ浜田省吾の曲は「もうひとつの土曜日」。もう、ギンギンの漢全開ロックバージョンを聞かせてもらいたかった気もするが、バラードの「もうひとつの土曜日」。

個人的に、世良公則がバラードを歌った曲は聴いたことがないけれど、どのような感じなのだろうか。あの声で、しっとりと聴かせるのか。

もうひとつ気になるのは、原曲をリスペクトしていのかどうか。世良公則の解釈で、まったく異なる世界観を表現していたとしたら、もうひとつの「もうひとつの土曜日」となっていることだろう。

ここまで書いてきて、興味津々だ。

1分、1秒、早く聴きたくてたまらない。

BACKBONE。この言葉から考えると、リスペクトしているような気がするけれど。果たして。

12月11日は土曜日ということで、もうひとつの「もうひとつの土曜日」をご紹介しました。若い世代の人達にたくさん聞いてもらえたらうれしいし、オリジナルの浜田省吾の「もうひとつの土曜日」を聞いてもらえたらうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました