そこには誰もいないのに 浜田省吾 「サイドシートの影」の場面を想いだす

スポンサーリンク
少年の心 ShogoTime

誰も孤島ではなく
誰も自分ひとりで全てではない
ひとはみな大陸のひとかけら
本土のひとひら
その一握りの土を波が来て洗えば
洗われただけの欧州の土は失われ
さながら岬が失われ
君の友人や君自身の土地が失われる
人の死もこれと同じで
自らが欠けてゆく
何故なら私もまた人類の一部だから
ゆえに問うなかれ
誰がために鐘は鳴るやと
それは君のために鳴るなれば
ジョン・ダン「死にのぞんでの祈り」  浜田省吾訳

「誰がために鐘は鳴るやと、そは汝がために鳴るなれば」というフレーズは、20世紀のアメリカでヘミングウェイの同名小説の題名」。アルバム「誰がために鐘は鳴る」のタイトルとして引用された。

鐘は誰かのために鳴っているんじゃない、お前のために鳴っているんだという思想は、浜田省吾が原点に回帰し、出来る限りシンセサイザーなどに頼らず、ミュージシャンの演奏にこだわることを暗示しているのだろうか。

個人的なことで恐縮だが、先週の土曜日、何時頃だっただろうか。ベルが鳴った。仕事終りのベルでも、目覚まし時計のベルでもない。

来客が宅を訪問した時に鳴らすベルが鳴ったのだ。誰だろうとドアスコープで確認し、ドアを開けると誰もいなかった。

不思議に思って、部屋に戻ったわけだけれど、1時間ほどして またもや来客が宅を訪問した時に鳴らすベルが鳴った。再度、ドアスコープで確認し、ドアを開けると誰もいなかった。

奇妙な出来事。気持ちが悪く、不安になり、居ても立っても居られない。管理会社に即電話をして状況を説明した。また、ベルが鳴るかも知れない。そう思いながら、玄関で待つも2度と鳴ることはなかった。

そして。
1週間が経った今日、10月16日。
AM09:07 来客が宅を訪問した時に鳴らすベルが鳴った。この時、家族は掃除している部屋の窓から人影を見たという。軽い気持ちで、悪気なくやっているのだろうが、気持ちが悪く、不愉快な出来事。

そうこうして、外出しようと玄関で靴を履いていた時。AM09:45 再び来客が宅を訪問した時に鳴らすベルが鳴った。家族が急いで出てみたところ、階段を下りていく女の子を見たという。

女の子に「あなた?」「誰か見なかった?」と聞くと首を振ったそうだ。
いたずらを許すことは出来ないけれど、子供がやっていると思うことで不安な気持ちは軽減した。

その女の子であれば、なぜ、わざわざ我が家のインターホンを鳴らしているのかが気になるところだ。

ちょっと振り返ってみると。先週の土曜日は、浜田省吾 は CBSソニー の5番 指名打者 という記事を書き、過去にない程、多くの方に足を運んでいただいた日。

浜田省吾 は CBSソニー の5番 指名打者
薄曇りの、どこか すっきりしない空を見ながら、先週の土曜日はテンションが高くて盛り上がっていたことを思いだした。何で盛り...

幸運の始まりを告げるベルだったのでは?と、ポジティブに考えてみる。再び、今日の記事でも多くの方に足を運んでいただければいいなと。

誰がために鐘は鳴る。
鐘は、誰のために鳴っているのだろうか。わたしにも、原点回帰せよというメッセージなのだろうか。

わたしにとっての原点とは、いったい何なのか。
飾らない、ストレートな言葉。テンポのいい文章。そして、インスピレーション。ヒットしそうなことよりも、ある出来事からインスパイアされて、浜田省吾のことに話を変えながら 文章をしたためることかも知れない。

浜田省吾の「サイドシートの影」のように。
自分の影しかいないのに、そこには誰もいないのに、話し掛けてみたらどうなるだろう。

誰もいないはずなのに、どこからとも言葉が返ってくるだろうか。
もしかしたら、家族が見た人影は、女の子は一人でさみしくて、遊んで欲しかったのかな。わたしに。

浜田省吾のYouTubeで配信されている「少年の心」の1シーンを見るたび、「サイドシートの影」を思いだす。

少年の心 (ROAD OUT MOVIE)

コメント

タイトルとURLをコピーしました