レジェンド小田和正が3年ぶり全国アリーナツアー開催発表!浜田省吾のツアー開催に期待

スポンサーリンク
日本武道館 音楽

波まかせ 風まかせ
星くずの空にゆられ
生きている今日この頃。

インターネットのトップページをYahoo! JAPANに設定しているのだけれど、今朝は わたし好みの レジェンドのニュースが多く表示されていた。

スポンサーリンク

レジェンドのニュース

長渕剛10年ぶり大規模ツアー「リボーン元年、全国に旋風を吹き荒そうという気持ち」一問一答(日刊スポーツ)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

小田和正が3年ぶり全国アリーナツアー 国内男性ソロアーティストとして史上最年長(日刊スポーツ)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

アルバム「CRIMSON」初登場1位も…山下達郎が「駅」の歌い方に憤慨(夕刊フジ)

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

山下達郎の記事はともかく。
長渕剛、小田和正がツアーをやるというニュースに、多くのファンは喜んだに違いない。

小田和正が全国アリーナツアーを開催。驚き、サイプライズというyことはなく、「よくやってくれました」「待ってました」という声が大半であろう。

74歳。
6月3日の福島・ビッグパレットふくしま公演を皮切りに、11月の横浜アリーナ公演まで15カ所32公演で30万人を動員予定。もう、リスペクトしかない。

記事には、古希を迎えてからは2度目のツアーとも書かれている。
つまりだ。
70歳過ぎたから出来ないということではない。

勝手なことを書かせてもらえば、本人次第。
普段から節制し、トレーニングをし、ボイストレーニングをして体調を整える。

そして、愛してくれるファンへの想い。それが、感情を、体を動かす原動力となっているのだ。

すばらしいなと思うし、うらやましいとも思う。

気になる浜田省吾の予定

当ブログが追い続けている浜田省吾は、今年2022年12月29日の誕生日で70歳。若いころは やんちゃしてたかも知れないけれど、ジムで体を鍛えるのは日課。

まだまだ、これからだろう。
今が旬。
いや、その時が旬なのだ。

年を重ね、あの時はよかったな。ではない。
今がキャリアの最高。頂点。マックス。
そう言い続けて欲しい。
また、そう思わせて欲しいとも思う。

勝手な妄想だけれど。
今年は、浜田省吾も全国ツアーを予定しているのではないか。
冬が終わり、春が来て、夏が過ぎ、残暑が終わる頃に。

下記の日本をすくえ 94の映像では、貴重な浜田省吾の姿も映しだされていた。

小田和正 吉田拓郎 泉谷しげるの呼びかけで、日本を代表するミュージシャンが集結。94年に実現した、震災救済コンサートのドキュメントとなります。5日間の合宿風景を追った映像では、オフコース時代から その実力を高く評価されてきた小田の、ハモりの教祖たる姿が十分に描かれています。前回 参加の、浜田省吾 忌野清志郎 井上陽水らは、残念ながら不参加となりましたが、伊勢正三 大友康平に加え、山本潤子 稲垣潤一 坂崎幸之助 白井貴子ら80年代を牽引してきたアーティストたちが、素敵なサウンドを奏でています。
小田和正 吉田拓郎ら豪華アーティスト集結①【日本をすくえ 94】

コメント

タイトルとURLをコピーしました