浜田省吾が井上鑑に提供した楽曲「水辺にて」 9月17日「午後7時のWILD BOY」棚からひとつかみでオンエア

スポンサーリンク
Tokyo InstallationShogoTime

井上鑑のアルバム「TOKYO INSTALLATION」は、1986年7月に発売された。井上鑑は、寺尾聰の『ルビーの指環』などの編曲で有名なミュージシャン/アレンジャーである。

アルバム「TOKYO INSTALLATION」は、CDブックという形式での発売。共同プロデューサーであるサイトウマコトのアートブックとセットという、やや特殊な仕様となっている。

TOKYO INSTALLATION

第一の庭:樹
01. Tokyo Installation
02. 不連続性の歴史
03. 遠い波
04. Tick it, Tick it, Turn it True
第二の庭:石
05. 石と樹
06. 失われた枝
07. Negrita
08. 滑走路夕景
第三の庭:水
09. 点描の都市
10. 水辺にて
11. 歩きだすまえの少年
12. たった独りのための駅

発売当時、浜田省吾と尾崎豊とのコラボ楽曲を含むということで話題となっていたという。浜田省吾と尾崎豊の楽曲は、すべてインストゥルメンタル。

浜田省吾が提供した楽曲は、以下の2曲。
・滑走路夕景
・水辺にて

CDには、Composed by
AKIRA INOUE
SHOGO HAMADA
YUTAKA OZAKI
と記載されている。

Tokyo Installation

まず、驚いたのは「滑走路夕景」が、浜田省吾が提供した楽曲ということ。

8.滑走路 – 夕景(作曲:浜田省吾、編曲:板倉雅一)
元々は井上鑑に提供していた楽曲で、セルフカバーとなる。歌詞はないが、浜田による語りが入っている。
J.BOY (アルバム) – Wikipedia

アルバム「TOKYO INSTALLATION」は、すでに廃盤となっており、配信もされていない。しかし、幸いなことに動画サイトで音源を見つけて聴くことが出来た。

そこには、独特の世界観があった。独創的と言うのだろうか。アレンジ次第では、こうも変わるのかという驚きを隠せなかった。似て非なるもの。聴いていくうちに、「あぁ」と。これが、オリジナルの「滑走路夕景」なのかと。かなり衝撃だった。

個人的に「滑走路夕景」にだけ注目していたのだけれど、Twitterのコメントで気になるものがあった。

声も入ってますね!(´▽`)

これが、いったい何のことなのか。わたしは、さっぱりわからなかった。尾崎豊の楽曲には、声が入ってるのかなと。それくらいに思っていた。

やがて。浜田省吾の提供した「水辺にて」を聴いてみた。ここからは、完全にネタバレとなりますので、ご注意ください。知りたくない方は、これ以上進むと危険です。。。


Danger Danger Danger




ここからは、先日のTwitterの投稿を交えてお届けします。

なんと、「水辺にて」には、浜田省吾の声が入っていた。。。

また、わたしの記事を読んだ よしあきさんからは、こんなコメントをいただいた。

毎週金曜日に生放送されているラジオ番組で、浜田省吾が楽曲を提供した真田広之さんか松田優作さんの曲をかけてくれるという。個人的には、ものすごく興味があり、ぜひ聴いてみたいと思った。

しかし、全国の省吾ファンは、浜田省吾が提供した楽曲よりも、浜田省吾が歌っている楽曲を聴きたいだろうなと思い、団長の思いで 返答した。そして、お願いした。「水辺にて」をお願いしますと。

わたしの「水辺にて」を聴いた時のつぶやき。まさに、衝撃だった。

そして、今晩、午後7時から生放送の「午後7時のWILD BOY」で、省吾さんが井上鑑に提供した楽曲「水辺にて」が流れるようだ。

もうひとつの「午後7時のWILD BOY」
浜田省吾ファンによる浜田省吾応援番組 SINCE 1999
FM-WING(帯広市 76.1Mhz

もうひとつの「午後7時のWILD BOY」

浜田省吾が井上鑑に提供した楽曲「水辺にて」。1人でも多くの省吾ファンに聴いていただきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました