浜田省吾 ただギターを弾いているだけさと歌う「SAME OLD ROCK’N’ROLL」

スポンサーリンク
浜田省吾

昨夜、それほど気温は高くない日だった。
けれど、台風の影響なのか、湿度が高く、少し蒸し暑さを感じた土曜の夜。

エアコンのタイマーをセットしてベッドに入った。
どれくらい経っていたのだろう。
蒸し暑さを感じながら、悪い夢を見ているみたいに、闇の中をうなされながら彷徨っていた。

蒸し暑さを感じ、半分ほど意識はあるのだけれど、目を開けることができない。
暗闇の中で、浜田省吾のアルバム「誰がために鐘は鳴る」の再生が始まった。

誰がために鐘は鳴る
1990年6月21日発売

01.MY OLD 50’S GUITAR
02.BASEBALL KID’S ROCK
03.少年の心
04.青の時間
05.サイドシートの影
06.恋は賭け事
07.夜は優し
08.SAME OLD ROCK’N’ROLL
09.太陽の下へ
10.詩人の鐘
11.夏の終り

すると、どうだろう。
今まで、1度だって意識して聴いたことのなかった「ギター」というキーワードがクローズアップされる。アルバム「誰がために鐘は鳴る」には、「ギター」という言葉が使われている曲目がいくつかあることに気づいた。

「MY OLD 50’S GUITAR」で自身の想いをギターに吐露。8曲目の「SAME OLD ROCK’N’ROLL」では、こんなフレーズがある。

沈んだ心抱え 誰かが
外へ連れ出してくれるのを待っていても
俺は道化師でも医者でもないんだぜ
ただギターを弾いてるだけさ
SAME OLD ROCK’N’ROLL / 浜田省吾

俺は道化師でも医者でもない。俺は、ロッカーで、ただギターを弾いているだけ。そんな言葉でリスナーに宣言しているようだ。俺は、ロッカーなんだよ。そう自分に言い聞かせ、自分の原点がどこなのかを再認識しているように思えた。

そして、リスナーだけではなく、自分自身にも、叱咤激励の言葉を浴びせかける。

苦悩や迷いを雨と表現して、鬱々してないで踊ろうぜ。そう言っているように思えたし、「DANCE」と共通するものを感じた。

爽快なロックナンバーであるのだけれど、その内容は深く、重い。そんな曲。

「SAME OLD ROCK’N’ROLL」にも、新たな壁にぶつかった苦悩が描かれているように感じた日曜の朝。

「SAME OLD ROCK’N’ROLL」は、2020年に発売されたShogo Hamada Official Fan Club Presents “100% FAN FUN FAN”ON THE AVENUE 2013「曇り時々雨のち晴れ」の4曲目に収録。この映像作品でしか見られない貴重なライブ映像となっています。

【メーカー特典あり】ON THE AVENUE 2013「曇り時々雨のち晴れ」 (完全生産限定盤) (DVD) (ポストカード(3種のうちランダムで1種)+ディスコグラフィシート+キャンペーン応募ハガキ付)

コメント

タイトルとURLをコピーしました