浜田省吾 「八月の歌」 世界恒久平和を祈る八月六日 気になる東京オリンピック2020の対応

スポンサーリンク

2021年8月6日 木曜日。
東京オリンピック2020が開催されている今、例年以上に この日の意味を考え、全世界に伝えることが出来る機会ではないか。そう感じた。


八月になるたびに “広島-ヒロシマ”の名のもとに 平和を唱えるこの国 アジアに何を償ってきた
八月の歌/浜田省吾


Every time August comes
Under tha neme of Hirishima
This country advocates peace
What have you made up for Asia
August Song/Shogo Hamada

「アジアへの償い」。不景気となり、日本の保守感情が高まる以前のバブル景気の時代には、「アジアへの謝罪」が経済大国として成功した日本にとっての大きな課題となっていたという。

浜田省吾 八月の歌

♪八月になるたびに広島の名のもとに平和を唱えるこの国、アジアに何を償ってきた~♪
もう30年も前の曲ですけど、広島出身で彼の父親も被曝経験のある浜田省吾だからこそ胸に刺さるものがありますね。昨日8月6日の広島原爆慰霊のテレビを見て毎年思います。

NEW STYLE WAR~八月の歌~JBOY つい聴いてしまいます。

A.このような歌を作れるのは、浜田省吾さんしか居ません。本当に深い歌詞です。
Yahoo!知恵袋 より

学生時代、ろくに勉強もせず、現在でも 歴史のことをよく理解していない。そんな筆者が、歴史を軽々しく語ることは差し控えたい。

しかしながら、原爆死没者への追悼。
世界恒久平和を祈る1分間の黙祷。これは、特別なものだと思う。

東京オリンピック大会組織委員会や国際オリンピック委員会(IOC)は黙とうなどを呼びかけない方針だというが、IOCトーマス・バッハ会長が広島と長崎を訪問したのはポーズだったのかと問いたい。

オリンピック日本開催の意味。「平和の祭典」というオリンピックの存在意義。IOCトーマス・バッハ会長は、どう考えているのだろうか。

広島原爆の日の五輪、黙祷求める署名をIOCに送付「自ら首を絞めている」と前広島市長
東京オリンピック中に迎える8月6日。「いかに大切な日であるのかは理解しているはず。それが分かっているから、無理を押して広島まで来たのではないか」と訴えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました