時々はHigh ほとんどがLow。こんな気持ちのままでは、コンサートを心から楽しめない

スポンサーリンク
20000422 浜田省吾

今年こそは、コンサートに行ける。
そう思っていた。

もう、数年間コンサートやイベントに参加することが出来ず、飢えていた。もう、我慢の限界だと。

それに、今回コンサートに参加しなかったら、一生コンサートに参加出来ないのではないか。そんな気もしていた。

それが、だ。
新型コロナの感染爆発。
今まで見たことのないような感染者数。

さらには、SNSをフォローしている方は、感染の疑い。
追い打ちをかけるように、午前中には同僚から、お子さんが感染して濃厚接触者となったとの連絡があった。

Oh my god!
AIは、「東京のピークは8月6日・感染者は一日で約4万人」と予測しているようだ。
AI予測「東京のピークは8月6日・感染者は一日で約4万人」 内閣官房の感染予測に参加した教授が明かす“第7波”の展望

月末でも約2万6000人、9月末でも約2万人になるとAIは予測しています。

スポンサーリンク

9月が想像できない

正直、9月には、どうなっているのか想像もできない。行動制限なしで、このまま突き進んでいったら、どうなるのか。

明日のことは”God only knows” 。だけど誰れにもまけない程 タフだぜ おれ!
GEAR UP 409 / 浜田省吾

この言葉を信じていいのか。
信じるしかないのか。
信じる者は救われるのか。
ニューヨークに行きたいかー!

いや、行きたいのは浜田省吾のコンサートだ。

いっそ

チケットが確保出来たとか、確保できるかとか。
それは、もちろん大事なことなんだけれど。

コンサートが無事に開催されるのか。
それが、大問題となる。
初日は、2022年9月10日(土) 高崎芸術劇場 大劇場。

ワタシは、すっかり臆病者になってしまった。
チキンレースに参加せず、辞退しようかと考えはじめている。

行動制限なし。
この言葉が意味することは、コンサートの開催に影響なし。
ただし、状況次第では。という感じかなと想像する。

マスク着用。
声援、大声禁止。
コンサート中には、換気タイム。
規制退場。

新型コロナに感染することを恐れている者が、心から楽しめるのか。
行くか行かないか公演日まで毎日考え、心配しなければいけないのか。

そんなことを考えていると、「いっそセレナーデ」だ。
さみしい。
そして、悲しい。

涙 浮かべて 泣こうか。
あまりにも、タイミングが悪すぎる。

一択だった東京国際フォーラム。
遠い想い出になる可能性が高そうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました