千葉県北西部を震源とする地震から一夜明けて ON THE ROAD 2011で励まされた記憶が蘇る

スポンサーリンク
ON THE ROAD 2011ShogoTime

ちょっときつい仕事、太陽の下の作業で 疲れ果てたわたしは、昨夜早めに就寝した。睡魔に襲われ、あっという間に眠りに落ちた頃。

スマホから、けたたましい音が鳴って目が覚めた。

あの音。。。
もう、2度と聞きたくないと思っていた音だった。そして、激しい揺れが。地震だった。

千葉県北西部を震源とする地震。東京都足立区、埼玉県川口市、宮代町で震度5強を観測。東京23区内で震度5強を記録したのは東日本大震災が発生した2011年3月11日以来、10年ぶりだという。

鉄道は運転を見合わせて帰宅困難者が駅に溢れ、タクシーには行列が。エレベーターに閉じ込められた人もいた。

ベッドで横たわっていたわたしは、揺れが収まると、再び眠りについた。

一夜明け、午前4時過ぎだっただろうか。スマホが、着信している音が聞こえた。画面を見ると、「地震の影響で、運転を見合わせています」と表示されている。

一瞬にして目が覚め、少し急いで身支度を整え、家を出た。

いつも使っている最寄り駅の電車は運転を見合わせ。いつもとは違う鉄道会社の駅に向かう。道には、人は数えるほど。しかし、駅には けっこうな人がいた。

いつもとは違う鉄道会社の駅から見た風景。

わたしは、あの時を、震災を思いだしていた。
あれから10年。

忘れかけていたもの。忘れかけていた恐怖が蘇る。また、いつ、同じことが起こるかもしれないという恐怖を感じながら過ごしていかねばならないのだろうか。

あの年。2011年。ON THE ROAD 2011に参加した時のことを思いだす。

どれだけ勇気づけられただろう。
すばらしいコンサートだった。全身全霊。浜田省吾の魂が込められたステージ。

それまでの、いろいろな想いが蘇りながら、すべてを忘れさせてくれた時間。

ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”
2011年5月22日(日) @神奈川・横浜アリーナ

– セットリスト –
01.ON THE ROAD
02.この夜に乾杯!
03.HELLO ROCK & ROLL CITY
04.恋は魔法さ
05.さよならゲーム
06.悲しみは雪のように
06.MY OLD 50’S GUITAR
07.MONEY
08.涙あふれて
09.君に会うまでは
10.あれから二人
11.君が人生の時…
12.BLOOD LINE (Instrumental)
12.我が心のマリア (Instrumental)
13.A NEW STYLE WAR
14.裸の王達
15.詩人の鐘
16.THEME OF FATHER’S SON
17.RISING SUN
18.J.BOY
19.僕と彼女と週末に
20.愛の世代の前に

ENCORE
21光と影の季節
22.終りなき疾走
23.君がいるところがMy sweet home
24.I am a father
25.ラストショー
26.ラスト・ダンス
27.家路

ENCORE
28.日はまた昇る

バンドメンバー
浜田省吾 – Vocal, Guitar & Harmonica
町支寛二 – Guitar & Backing vocal
長田進 – Guitar
美久月千晴 – Bass
古村敏比古 – Saxophone, Flute
小田原豊 – Drums
小島良喜 – Piano
福田裕彦 – Keyboard
河内肇 – Piano (2012年の4公演のみ参加)
ホーンセクション
佐々木史郎 – Trumpet
清岡太郎 – Trombone
Uko – Saxophone

ストリングス
今野均 – Violin
藤堂昌彦 – Violin
徳永友美 – Violin
漆原直美 – Violin
納冨彩歌 – Violin
岡部磨知 – Violin
河村舞子 – Violin
渡部安見子 – Viola
島岡智子 – Viola
岡さおり – Viola
結城貴弘 – Cello
笠原あやの – Cello

指揮者
星勝 – Conductor

神様は、どれだけ試練を与えれば気が済むのだろう。

もうこれ以上走れないよ
そう叫びながら −走り続けてる
青春のヴィジョン/浜田省吾

『ON THE ROAD 2011 “The Last Weekend”』 Digest

コメント

タイトルとURLをコピーしました