浜田省吾「モダンガール」 のサビで歌われていた More than a girl の意味

スポンサーリンク
浜田省吾

「師走」まで、あと4日。
ああはやく 師走になれば Wow…
と思っている方もいることだろう。

「師走」になる前から、公私ともに忙しい時期に突入したSheRockです。
何に忙しいって、クリスマスや年末年始の準備とか。すでに、ちょっと疲れてるかも。

なんか、せかされているというか、落ち着かなくて。どんよりと厚い雲に覆われているような、気分が晴れないような。こんな時は、ラブソングだろう。そう思う自分がいた。

「ラブ」「LOVE」がタイトルに使われている 浜田省吾の作品は9曲。

・アイラブピース
・君に捧げるlove song
・バックシート・ラブ
・左手で書いたラブレター
・瓶につめたラブレター
・ラブ・トレイン
・Because I love you
・BREATHLESS LOVE
・LOVE HAS NO PRIDE

今、聴きたい曲とは、ちょっと違うような。今、聴きたいのは、浜田省吾の言葉だ。

わたしは、ラジカセの再生ボタンを押した。すると、時を刻む音が流れてきた。

スポンサーリンク

モダンガール (21 century Version.)

「モダンガール (21 ctr. Ver.)」は、2003年9月10日に発売されたシングル『君に捧げるlove song』のカップリング。ベストアルバム「The Best of Shogo Hamada vol.2」にも収録されている。

ベストアルバム「The Best of Shogo Hamada vol.2」に収録されている曲の多くは、remadeやremixされている。だが、「モダンガール」は、from the single「君に捧げる love song」が収録されている。

浜田省吾 は、「The Best of Shogo Hamada」について、こう語っている。

『The Best of~』はこれからの浜田省吾のスタンダード曲になってほしい歌を丁寧に作り直したアルバムですね。
DISCOGRAPHY | SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE

スタンダード曲になってほしい曲なのだ、「モダンガール」は。。。

参加ミュージシャン

Strings Arranged by 福田裕彦
Backing Vocal Arranged by 浜田省吾 & 町支寛二
Drums:大久保敦夫
Bass:岡沢茂
Guitars:町支寛二
Keyboards:小島良喜
Keyboards & Synthesizers:福田裕彦
1st Violin:矢野晴子
2nd Violin:岩戸有紀子
Viola:大沼幸江
Cello:船田裕子
Backing Vocal:浜田省吾
All other instruments & Manipulation:水谷公生

2003年9月10日発売ということだが、ストリングスにはON THE ROAD 2001のメンバーとして参加した ザ・芸者ストリングス の名前があった。

ザ・芸者ストリングスは、浜田省吾 のステージに華を添え、映像作品「ON THE ROAD 2001」では大きなインパクトを残した、欠かせない重要な存在だ。

聴かせるだけではない。まさに、演奏でもてなす芸達者な女性達だった。


ON THE ROAD 2001
発売日:2002/07/31

DISC3:CD
LAST DANCE for you
01.路地裏の少年
02.終りなき疾走
03.Walking in the rain
04.朝からごきげん
05.悲しみは雪のように
06.あばずれセブンティーン
07.演奏旅行
08.土曜の夜と日曜の朝
09.モダンガール
10.ON THE ROAD
11.Midnight Blue Train
12.ラストダンス

映像作品「ON THE ROAD 2001」の3枚目のディスクはCD。音源のみだが、収録されている曲目を見た時、なんて豪華なんだろうと改めて感じる。

「モダンガール (21 ctr. Ver.)」は、ON THE ROAD 2001 に参加したバンドメンバーが演奏しているということに気づいた。(遅い)

さいごに

モダンガール とは、直訳すれば 今時の女の子。今時というのは、この頃という言葉に置き換えてみた。

オリジナルは、1981年9月21日に発売されたアルバム「愛の世代の前に」に収録されているから、80年代の女の子ということなのだろうか。

1980年代はバブル絶頂期。いろんな意味で、活発的に自由に活動をし始めた時代だという。

そんな時代、誰にも束縛されず、自由に生きている女性。特定の男性は作らない。そんな生き方が流行っていたかどうかは、実際のところわからないけれど。

次の歌は、今日集まってくれた女性のみなさんに贈ります。その一言を聴いただけで、うれしくなる自分がいた。

More than a girl.ただの女の子じゃないんだ。そう言ってくれているようで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました