尾崎豊 の画像を見て思いだした 浜田省吾 とのエピソード

スポンサーリンク

田島照久さんが、Instagramを更新していた。
尾崎豊 「太陽の破片」のジャケット写真。
撮影時のエピソードが書かれている。

尾崎は、何度もポラを確認して手の角度にこだわっていたと。
凡人にはわからず、また、撮影する人間でも手出し出来ない領域。

選ばれた人間にしか出来ない表現。
「太陽の破片」のジャケット写真には、尾崎の どんな気持ちが込められているのだろうか。
尾崎の気持ちが知りたくなって、「太陽の破片」の歌詞を読んでみた。

「太陽の破片」というタイトルでは気づかなかったけれど、歌詞を読んで どのような曲なのかを思いだした。わたしは、尾崎豊の曲が大好きで、毎日のように聴いていた。ある時期までは。

まだ若かった頃。
浜田省吾の書いた楽曲の歌詞を理解することが出来なかった。そして、楽曲を聴いても心に響かなかった。

対して、尾崎豊の書いた楽曲の歌詞は、ストレートに伝わってきた。尾崎豊は、「10代の代弁者」。そう呼ばれていたのだが、まさしく、「これだ」「オレも、わたしも、こんな風に思っていたんだよね」と共感した。多くの若者が、同じことを考えていたに違いない。

歌詞、メロディ、歌声。そして、ルックス。すべてが好きで、好きで好きでたまらなかった。だけど、そんな気持ちも長続きしなかった。あるアルバムの曲を聴いて、「何か、ちょっと違う。。。」。そんなことを考え始めて、距離が少しづつ離れて行った。

1992年4月25日、尾崎豊は26才で天国へ旅立った。わたしは、芸能ニュースを実家のコタツで見ていた。友達は、尾崎豊の実家へ訪れたようだ。渋谷クロス タワー(旧東邦生命ビル)には、尾崎豊記念碑が設置されている。

2021年5月15日。ミュージックフェアで、尾崎豊特集を見て、尾崎の曲が聴きたくなった。久しぶりに聴いた尾崎豊の楽曲は、あの頃感じていた以上に、心に響いた。

理想と現実。夢。希望。挫折。いろんなことを感じさせてくれた。

もし、尾崎豊が生きていて、『十七歳の地図』を聞くことが出来たら、どんなに素晴らしいだろう。
尾崎豊と浜田省吾。この2人が同じステージに立つ姿を見たいと思う。でも、尾崎豊はもういない。

尾崎豊のWikipediaを見ると、共同作業者に、須藤晃、、田島照久、町支寛二の名前を見つけることが出来た。

1983年12月1日に発売された尾崎豊のファーストアルバム「17歳の地図」に収録されている
05.15の夜
07.愛の消えた街
10.僕が僕であるために
の3曲の編曲は町支寛二。

尾崎豊は、1990年に浜田省吾が所属する「ロードアンドスカイ」に移籍している。

尾崎豊とのレコーディング、1984年8月4日、日比谷野外音楽堂で行われた反核のイベント「アトミック・カフェ」、「ロードアンドスカイ」に移籍した際のエピソードが板倉雅一さんのブログに綴られている。

尾崎豊
1983年12月1日に尾崎豊のデビューアルバム『17歳の地図』がリリースされました。 ぼくも少しだけレコーディングに参加しました。 その時の話です。 ++++++++++++++++++++++++++++++++  1983年9月7日、ぼくは信濃町ソニーの第3スタジ...

そういえば、浜田省吾と尾崎豊のエピソードがある。

’83年の初めか前の年の終わりか、僕の運転する車の隣に座っていたディレクターの須藤君が「今18歳の面白い男の子を見つけたんだよ」って言ったんです。「へぇ~どんな子?」って言ったら「浜田や井上陽水・佐野元春君とか日本のロックやポップミュージシャンの影響を受けて出てきた最初の感じなんだ」って。
それから1年くらいしてですね。彼が登場したのは。’84年の「アトミックカフェ」。僕たちはリハーサルをやってて、どこかに行ってたのかな。戻ったら「尾崎君が飛び降りて足を骨折した」って。現場は見てないですけど、花を贈ったんです。そしたら看護婦さん達から「何で浜田省吾を知ってるんだ?」って言われて喜んでたと聞いて、可愛い子だなと思った(笑)

その後、’86年に『J.BOY』のトラックダウンをロスで終えて、ニューヨークで彼と会ったんですね。そしたら『J.BOY』を「このアルバムって、僕のことを歌ってるみたいだ」って言ってたの。だから「そうだよ。君のことだよ」って答えたのを凄く覚えてる。『J.BOY』の完成したトラックダウンを、最初に聞いたのは彼だったんですね。
「浜田省吾事典」より

尾崎豊は、『J.BOY』に何を感じたのだろうか。

昔のことをを思いだして、しゃべり過ぎてしまったようだ。酔ってもいないのに。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました