浜田省吾 リンク集 – Bookmark

スポンサーリンク

浜田省吾、自身のスタイル貫き45年  アニバーサリーイヤーに今を生きる全ての人に贈る新曲「この新しい朝に」

浜田省吾、自身のスタイル貫き45年 アニバーサリーイヤーに今を生きる全ての人に贈る新曲「この新しい朝に」
浜田省吾が6月23日、ニューシングル「この新しい朝に」をリリースする。3月13日に6年ぶりの新曲としてリリースした自身初の配信シングル「この新しい朝に」の新たなミックスに加え、デビューアルバム『生まれたところを遠く離れて』収録曲「青春の絆」、デビューシングル「路地裏の少年」のB面曲「壁にむかって」の2021年バージョン...

浜田省吾は『J.BOY』で1980年代の豊かな日本に何を描き、何を問いかけたのか、改めて検証してみた

浜田省吾は『J.BOY』で1980年代の豊かな日本に何を描き、何を問いかけたのか、改めて検証してみた | OKMusic
6月23日、浜田省吾のニューシングル「この新しい朝に」がリリースされた。今年3月には18thアルバム『Journey of a Songwriter 〜 旅するソングライター』以来約6年振りの新曲として配信された楽曲を新たにミックスした表題作の他、デビューアルバム『生まれたところを遠く離れて』に収録されている「青春の絆...

弾き語りのハマショーに関心寄せる音楽関係者はいなかった

弾き語りのハマショーに関心寄せる音楽関係者はいなかった|ロフト創業者が見たライブハウス50年
 1979年3月、「新宿ロフト」のブッキングを見ると最終日の31日、こう書いてある。「村下孝蔵(from広島)/浜...

浜田省吾ファンクラブツアー映像、板屋宏幸監督とともに振り返る

浜田省吾ファンクラブツアー映像、板屋宏幸監督とともに振り返る | Rolling Stone Japan(ローリングストーン ジャパン)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年12月の特集は、浜田省吾2020。今回は2013年のファンクラブツアー『Shogo Hamada Offici

1970年代の浜田省吾との出会い 水谷公生とともに振り返る

1970年代の浜田省吾との出会い 水谷公生とともに振り返る
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年12月の特集は、浜田省吾2020。今回は1970年代の曲のみを歌ったライブの映像作品『Welcome back・・・

素顔の浜田省吾 水谷公生と紐解く最新ミニアルバム

素顔の浜田省吾 水谷公生と紐解く最新ミニアルバム
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年12月の特集は、浜田省吾2020。今回はFairlife名義でリリースされたアルバムの中から浜田省吾がボーカル・・・

なぜTHE ALFEEと浜田省吾は、ずっと人の心を離さないのか―

なぜTHE ALFEEと浜田省吾は、ずっと人の心を離さないのか――近田春夫の考えるヒット | 文春オンライン
『MIRROR/DANCE』(浜田省吾)/『友よ人生を語る前に』(THE ALFEE)◆THE ALFEEにしても浜田省吾にしても、歳は私の方が少し上なのだが、売り出しの時期は似たようなものだろう。同…

Vol.01 日本ロックの成長の証し――浜田省吾

Vol.01 日本ロックの成長の証し――浜田省吾 | USENのオウンドメディア「encore(アンコール)」 | encoremode |
アルバム『J.BOY』の30周年記念盤をリリースした浜田省吾。日本ロック界のトップランナーたる彼の軌跡を、これまでに浜田省吾に関する3冊の書籍を著した音楽ライター、田家秀樹氏の言葉で振り返る。

Vol.02 日本ロックのアイデンティティ――『J.BOY』

Vol.02 日本ロックのアイデンティティ――『J.BOY』 | USENのオウンドメディア「encore(アンコール)」 | encoremode |
浜田省吾特集の第2回目。先日アルバム『J.BOY』の30周年記念盤がリリースされた。本作が当時のミュージックシーンに与えた影響と意義について、前回に引き続き音楽ライターの田家秀樹氏に解説してもらった。

BARKS2013新春お年玉特大企画 浜田省吾

BARKS2013新春お年玉特大企画 浜田省吾 | BARKS
浜田省吾から、BARKSのユーザーの皆さんに新年のメッセージが届きました。   ◆   ◆   ◆Let the music keep our spirit high - J.Browne   ◆   ◆   ◆敬...

1974年のある日、新人ディレクターからデモテープを渡された。バンド名は「愛奴」だった…本日は浜田省吾の誕生日

1974年のある日、新人ディレクターからデモテープを渡された。バンド名は「愛奴」だった…本日は浜田省吾の誕生日
1974年のある日、新人ディレクター蔭山氏から紹介されたバンドが「愛奴」だった。バンド名から想像するとあまり期待できそうもないなと思いつつ彼らのデモテープを聴いた…。その愛奴でドラムを担当していたのが浜田省吾であった。 text by 川瀬泰雄

Musicman

音楽業界総合情報サイト | Musicman
音楽業界の最新ニュースや第一線で活躍されている方のインタビューなど、他では見ることのできないリアルな情報を随時更新しています。

第137回 高橋 信彦 氏 (株)ロードアンドスカイ 代表取締役 | Musicman
第138回 田島 照久 氏 グラフィック・デザイナー | Musicman
第139回 須藤 晃 氏 音楽プロデューサー | Musicman
第140回 酒井 政利 氏 音楽プロデューサー | Musicman

Other

浜田省吾の話題もニュースもmixiで。10年分の生の声、楽しもう
浜田省吾の人気楽曲ランキング!ファンが聴いてる人気楽曲TOP10をランキングでご紹介
浜田省吾のファンサイトDownByTheMainstreet
東京出身ミュージシャンにとっての東京と、地方出身ミュージシャンにとっての東京 | “東京”はどのように歌われてきたのか(後編) – 音楽ナタリー
昭和世代だけじゃなく平成生まれにも人気な「浜田省吾」の魅力に迫る! | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】
浜田省吾の魅力が凝縮された初期の代表作『愛の世代の前に』。このアルバムの成功がその後のキャリアを導いた!
March 14, 2016 : A BOOK AND ROCKMUSIC
日比谷公園大音楽堂の伝説 いつの時代も”野音”は燃えていた……|特集|駅から街へ、街から駅へ 東京エキマチ

タイトルとURLをコピーしました