斉藤和義 「時が経てば」に励まされる

がんばれ 負けるな がんばれ もうちょっとの辛抱だよ
がんばれ がんばれ Uh―
時が経て ば笑っちゃうことだってあるんだから
時が経てば忘れちゃうことだってあるかもよ
時が経てば / 斉藤和義

こんなフレーズが、どこからともなく、突然聞こえてきました。
いったい何があったんだろう
酒でも飲み過ぎたか?
それとももうすべてに疲れたのか?

そりゃ疲れているのは間違いないけれど、お酒は飲んじゃいません。
この、どこからともなく聞こえたフレーズは、
きっと
どこかで
何かしらの希望を求めて

いや、希望の光が、
ちょっとだけ
ほんのちょっとだけ見えてきたから
そんな風に思います。

もしかすると、緩んでいるのかも知れない。
だけれど、ずーっと張り詰めていたら、そのうち切れてしまう…

ほんのちょっとだけ、今だけでも、ちょっと緩んでいいのかな。なんて、自分に言い訳をして。

実際、いろんな変化が見られるようになってきます。
休みだったお店が営業したり、買うことが出来なかったマスクが手に入りやすくなったり。

ネットショップでは、ずっと売り切れだったトイレットペーペーが入荷してたり。いつもだったら瞬殺なのに、まだ売っていたり。こんなことで、すごくうれしくなったり。

今まで、普通に出来ていたことが、当たり前だったことが出来なくなって、それがいかにありがたいことだったのか。それが、身に沁みてわかるようになりました。

買うことが出来なかったり、することが出来なくなったり。楽しむことさえも奪われてしまった…。それが、どんなに幸せなことだったのか。

そんなことを考えながら
今は、ただ、がんばるしかない。

くじけそうになったら、この曲を思いだして欲しい。そんな曲です。
斉藤和義「時が経てば」。

このジャケットに描かれているロバの「コタロー」が、頼もしい友が、あなたの力になってくれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました